« ■必要なもの・大事なもの | トップページ | ■TOCで儲かる会社へ変身 »

■息子との会話

               2003.0210
          ソフトパワー研究所  所長  清水 信博


 一昨日は、息子が高校の合唱部の運営で困っていたようなので
話しをしてみました。部内で様々な意見の相違があるようです。

 これは「統合」を教えなきゃならないなと思ったので、謎掛けをして
みました。

■熱烈な巨人ファンとタイガースファンの二人が口論をしている。
 お前ならば、この場合どのようにして二人を仲良く納得させるか。

 という謎掛けです。

 息子は、いろいろ考えて、

 ●お互いに好きなことは仕方ないんじゃないか?
 ●二人が仲良くするように話す。(??だからどうするの)
 ●お互いが理解するようにする。(???)
 ●徹底的に議論させる。
 ●互いのいい点を認め合う。(???)
 ●野球以外のスポーツにもいいのがあるよと話す。
                 (第三案の出現)
   ・・・云々。

 とにかく問題解決にはないっていないわけで、他人に気を遣いす
ぎる息子なので、どうしても弱気の虫が出てしまいます。お互いに
話し合えば、もしくは、お互いに思いやりを持てば解決するだろうと
本人は思っているわけです。

 しかし、よくよく考えると、これは「他人頼りの性格」です。
 他人が変われば状況は変わるという事を、知らないうちに表現し
ているか、もしくは願っているからです。

                    ◆

 僕が安易に解答を言ったら、息子はゲームソフトのTheENDのよう
に、「なるほど。そうだね」で終わります。ここは少し突き放しても本
人が答えを導き出さなければなりません。

 30分ほど、「こうかな~?」。「いや、それは違うね」と繰り返して、
ようやく正解に近い答えをしてきました。

息子 「どっちも、自分が好きなことを言ってるんだよね」と。

そこで、「その答えは、かなり近い。いいところを突いている」と言った
ところ。

「あ!、どっちも野球が好きなんだ」と答えを自分で導き出しました。

 そう。互いに口論をしているのは、一次元のいさかいで、ちょうど一
車線の道路で双方向から来たダンプカーが衝突しようとしているよう
なものです。

 今度は、
 「その衝突を回避する為には、どうすればいいと思う?」と質問。

 息子は、「どちらかの車が止まればいい」と。

 これはまだ”統合”が分かっていません。

 しばらく考えてから、「下に潜ればいい」と答えました。

 「その答えは正しい。でも他にもあるけどどうかな?」

息子「なんだろ??」

私 「空を飛べばいいのさ」

「それって漫画みたいな考えだね」と息子。

「そう。発想を飛躍させるというのは、お前が読んでいる漫画やゲームと
同じようなことなんだよ。いまよりも一段高いところを行けば互いに衝突は
しないからね」

私 「ところで、お前達合唱部の目標は何だい?」

息子「それは、、、、全国大会で優勝することだけど・・」

私 「それなら、いまの部内の問題点をどう解消すればいいのかな?」

息子「分かった。みんなが全国大会に向けて頑張るようにすればいいんだ」

私 「そう。それがリーダーの役割なんだよ」

              ◆

 一時間ほどして、奥さんが帰ってくると、ニコニコしながら息子が質問を
しました。

「お母さん。巨人ファンと阪神ファンが喧嘩してるんだけど・・・」と。(^_^;)

 僕は黙って新聞を読んでましたが、さてどう答えるかと思っていたら、
「それは、お互いに話し合わなければ解決しないでしょ。何事も話し合い
が大事なのよ」と。

 母親はこれでいいんです。(^_^;)

 息子はその答えを聞いて、得意そうにニコニコしながら自分の部屋へ
上がっていきました。


« ■必要なもの・大事なもの | トップページ | ■TOCで儲かる会社へ変身 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■息子との会話:

« ■必要なもの・大事なもの | トップページ | ■TOCで儲かる会社へ変身 »