« ■パート化について | トップページ | ■仕事で育つ »

■在庫管理

                        清水 信博(2000.0618)

■当社の例

 当社では、在庫スペースが狭いために、印刷会社に「預かり在庫」をして
もらい、必要分だけ持ってきてもらうようになって格段に楽になった。

 在庫スペースは、家賃である。かなりの量になれば、固定費(F)も出て
いくことになる。いまは、ほとんどの企業がFには敏感なため、できるだけ
在庫を減らそうとしているが、当社は簡易的はジャストインタイム方式をと
っている。

 これは、出入り業者が倉庫を新築したことで、逆提案されたことだが、今
となっては有り難い提案だったと思っている。

■T社の事例

 T社は新潟で著名な「K屋(鮭茶漬や鮭の加工品を扱っている)」の手提
げ袋、化粧箱、包装紙等を扱っている。繁忙期には、一万個もの手提げ袋が
出るという。100坪の倉庫に満杯の在庫も、大型トラック二台に積んで、
一日で出荷するとか。

 T社の強みは何だろう?。

 この会社は、まず豊富な在庫スペースを持っている。
 これは他社に真似できないことだという。

 しかも、預かり在庫で、出荷した分だけ、売上を上げるという。
 また、的確な在庫管理で、決して欠品を出さない、コンピュータシステム
と生産計画、生産体制が売り物だ。

 また、配送はK屋の指示にもとづいて、T社が全国の各店舗に配送する。
 これで、T社はK屋とガッチリ手を結び、高収益を得ている。
 しかも、他社は入り込めない。
、良質のサービスで「差別化」を図っているというわけだ。

■在庫管理も戦略的に。

 ここで言おうとしていることは、在庫管理も「戦略的」にやれば、すなわ
ち、「差別化」になるということ。何事も視点を変えれば戦力になる。

 いまの時代は、トヨタでなくとも、中小零細企業が独自に「ジャストイン
タイム方式」を構築できる、提供できる時代になった。ようは、ジャストイ
ン・タイム方式」の骨格は、情報スピードの問題だった。流通も大事ではあ
るが、いまは全国津々浦々に在庫が豊富な時代だ。

 どこからでも、製品を送ることは可能になった。
 あとは、誰と手を結び、情報網を張めぐらし、誰よりも早く通報するか。
 そして確実にモノやサービスを提供できるか。

 T社のように、在庫管理を戦略的に捉えて展開している企業は、他社から
の価格競争にも強い。信頼関係もできあがっている。

 何事も、「頭」を使うことだ。
 もはや、筋肉だけを酷使する時代も終わった、機械操作がうまければ高給
とりえある時代も終わろうとしている。これからは、まさに「知的」な人材
が時代をリードする。それは学校の成績ではない。現場を知らない机上論だ
けの者の天下でもない。現場を知り、探究心と学習を重ねた、「あなた」の
時代となっていく。

« ■パート化について | トップページ | ■仕事で育つ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■在庫管理:

« ■パート化について | トップページ | ■仕事で育つ »