« ■流通関係会社のTOC事例 | トップページ | ■カップ型組織とハット型組織 »

■TOC導入成功のメール

TOC導入後、わずか半年も経たずに納期遵守率100%を達成した嬉しいメールが届きましたので、ご紹介したいと思います。お名前や具体的な数値は伏せてあります。

   ソフトパワー研究所 清水 信博 様
---------------------------------------------

ご無沙汰しております。■■の●●です。
朗報をお伝えします。

前回のメールにて、3月度は目標MQを達成したとご報告しました。
4月度も引き続き、うまくいきまして、目標MQを大幅に達成し、G●●●●万になりそうです。ここ数年では考えられなかった数字です。

振り返って考えると、清水さんから教えていただいたTOC、DBRは確実に活かされていると思います。

特に■■が、試行錯誤しながらもTOC研修で学んだ、投入制限、ボトルネック中心の予定管理、先入先出法を駆使して、工場をうまく回しています。

確かに、■■の個人的能力はすばらしいのですが、TOCの研修をうまく活用している部分もあり、今回のような結果になっております。清水さんの指導がなければまた違った結果になっていたでしょう。いまは、全てがうまく回り始めています。

--------------------

■以前は、

納期遅延

 ↓

納期間際のやっつけ仕事

 ↓

不良修正の多発

 ↓

特急の仕事の増加

 ↓

うまく工程を管理できない

 ↓

納期遅延の繰り返し

という、負のスパイラル、「悪循環」でした。

■しかし、今現在は、

納期遵守率100%

 ↓

納期前に余裕がある。

 ↓

納品前に手直しして初期精度を上げる

 ↓

特急の仕事の減少

 ↓

さらに予定管理がうまくいく

という「善循環」に変っています。

--------------------

工程管理の改善だけでなく、地道な不良修正の撲滅運動、改善活動、営業のPアップ活動、こういった取組が実を結んだ結果ではないかと思います。

わたしは、いままでの取組がムダではなかったと実感しています。この流れは、余程の景気変動がない限り、しばらく続くと考えます。

しかし、あまりにも急激な改善のため、現場の人間は、自分たちの力でこうなっているのではないと感じているようです。この成績が継続すれば間違いなく、現場の実力と言えるでしょう。

いろいろとありがとうございました。今後は誰が工程管理をやっても同じように儲けられるような仕組みをつくらなければならないと思っています。

また、他の■■企業においても、工程管理に悩まれいるようでTOCの導入に興味を持っている会社もあります。機会があれば、紹介したいと思いますので、その際は宜しくお願い致します。ありがとうございました。

« ■流通関係会社のTOC事例 | トップページ | ■カップ型組織とハット型組織 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■TOC導入成功のメール:

« ■流通関係会社のTOC事例 | トップページ | ■カップ型組織とハット型組織 »