« ■オンリーワンとナンバーワン | トップページ | ■研究開発について »

■教えられたこと・学ぶこと・できること

MGとTOCの決定的な違いは何か?

それはMGがゲームとして完成されたものなので、
ゲームや戦略MQ会計、MX会計を何度も体験していく
ことで学び、活用していく「パターン」が見事に
出来上がっています。

つまり、MG研修は、そのもので完結しています。

一方、TOC研修はMGほどゲーム的完成度は高くは
ありません。

しかしながら「コンサルティング的要素」については、
TOC研修の方が、はるかに多くなる傾向があります。

現実ではどのようにしていったら良いのか?
という相談はTOC研修では常について回ります。

ですから、TOC理論やインストラクターを志す方は、
「じつに様々な業種や企業、問題などと真摯に向かい
合う姿勢」が必要になります。

逃げていてはTOCのインストラクターにはなれない
と言うのは、ひっきりなしに相談が来るからです。

-----------------------

相手は企業経営者や幹部社員などが多くなるでしょう。

そうなると、インストラクターはTOC理論の知識
だけでは不足します。

少なくとも、
経営学、会計学、人間学、戦略戦術論、心理学などは、
一応は触れておいたほうが良いですし、やがては必要に
なってくるでしょう。

私がMGを知って学び始めたのは30歳でした。

当時、何も知らない私がMGのインストラクターを
志した時に、厳しかった(?)西先生から
「君は少なくともドラッカーの現代の経営(上下)くらいは
読んでおいたほうがいい」と言われ、
その年の夏はすべての時間を読書にあてたものでした。

その後、ドラッカーの書籍はすべて読みました。

アルビントフラーの「第三の波」が良いと言えばそれを読み。
ガルブレイスの「満足の時代」が良いといえば、それも読み。
吉川英治の三国志、孫子の兵法なども読みました。

そこから約15年。

分かったとは言えませんが、今になってみると、
30歳の何もしらない若造が偉そうにMGの
インストラクターでござい!
とやっていたとしたら50歳を過ぎても経営者から
相談など来なかったでしょう。

ましてや仕事はゼロになっていたと思います。

私の分岐点は、30歳の「君は少なくとも~」
という、「ひと言」でした。

ですから、いま 清水式のTOC教育をやれるように
なった。ということだと思っています。

勉強をすることで成果が出るにはだいぶ時間が
かかりますが、自分の決めた道を進むことを
決意したならば、それに必要なものを自らに課して
いくことも必要ではないかと思います。

その「辛さ」のようなものがTOCを志す者には、
特に強くあらわれてきます

« ■オンリーワンとナンバーワン | トップページ | ■研究開発について »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95429/58708314

この記事へのトラックバック一覧です: ■教えられたこと・学ぶこと・できること:

« ■オンリーワンとナンバーワン | トップページ | ■研究開発について »

Counter(2)

Company

フォト
無料ブログはココログ