« 全体最適化 | トップページ | 廃棄が最初 »

駅の駐車場(TOC)

新潟駅の駐車場は、30分無料だが30分を超えると駐車料金は高い。

しかも上限1000円などというものもないから、長時間停めると眼が飛び出るような金額になる・・・だから長時間は損するよと看板にも書いてある。

ここは新幹線乗降客の送迎用駐車場だから。

30分以上は高くなるというと、長時間停める猛者も少ないためか、車の回転がすこぶるいいことになる。見ているうちに車が出ては入っていく。

この様子を見ているとTOC理論と良くにている。
つまり駐車場に泊まっている車を「在庫」と見れば、たしかに在庫量と金額には面白い関係を見ることができる。高回転で回っている。

なるほど。
場を綺麗に保ちたければ、高い価格にするのはひとつの方法である。

声高に綺麗にしようと叫んだり、ボランティアが環境整備をするのもひとつの方法ではあるが・・・・・・・・・・・・・。

問題解決とは、一発で終了としたほうが効率がいい。
そして二度と戻らない方法なら、なおのこと良い。
費用もかけずに、設備や人間などもかけずに直るならばベストだ。

一方、30分を超えて多額の駐車料金を払ってくれる客は、これまた有難い客でもある。

« 全体最適化 | トップページ | 廃棄が最初 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95429/65956981

この記事へのトラックバック一覧です: 駅の駐車場(TOC):

« 全体最適化 | トップページ | 廃棄が最初 »