トップページ | ★2014年度TOC公開セミナー(新潟)のご案内 »

2004/12/14

◆TOC研修の感想文(参加者)

■どこに目を向けるべきかから、何が(無意識であっても)目に入るのかへ。

そして「その先の」では、どうすべきかについて(具体的に)考えられるようになる。

三度目にして、ようやくTOCのゲームを初めてやった様な気持ちになれました。(Eさん)

■TOCの本は課題図書として読んだことがありましたが、しかし読むだけという

こともあり「ふ~ん」というような気持ちでした。しかし今回の研修は「あ!、そうか!!。

こうなるんだ、それじゃあ、こっちはどうなんだろう?」と感想を持ち、以前とは

「月とスッポン」です。清水先生の講義は初めての私でもついていける話で、

聞く前よりは確実にTOCの理解ができました。とにかく動いていきたいです。(Mさん)

■面白かったですが、同時に怖かったです。というのも私が日常で行っている生産管理

の現状がまざまざと思い出されたからです。今まで分かった気になっていたSTRACの

意味も再認識できました。TOCには是非参加したいと思います。(Sさん)

■具体例や図解が多く、大変わかりやすかったです。TOCを実行する事、そのため

スタッフに対して指示していたことの間違いに多く気づきました。「MQを増大すること」、

そのために何を伝え、どう行動するべきなのかを良く考えていきます。

セミナーを受けることも継続していきたいです。(Hさん)

■当面は既存設備で加工できる製品への特化も必要だろう。いずれにしてもTOCに

じっくりと取り組みたい。また客先(IT)への展開も考えたい。(Yさん)

■判りやすい講義で面白かったです。今まで自分なりに勝手にTOCを考えていました。

自社のことをご相談させていただくかもしれません。その際は宜しくお願いいたします。

(Uさん)

■今までは一所懸命頑張ればMQがUPすると思っていましたが、力を抜くことによって

楽にMQがUPする事を体験しました。あれは衝撃的でした。参加者の皆様からも

たくさんの自社へのアイデアをいただきました。本当に感謝しております。

帰ってからみんなで業務フローを作ります。(Nさん)

■サイコロを転がして、チップを動かし、MQ決算をやるだけの単純なゲームの中に、

MQ最大化のための方法がこんなに含まれているのか!と驚きます。

製造業に限らず、経理全般、会計事務所における仕事の流れをスムースにするため

にも活用できます。(Tさん)

■今回初めてTOCを勉強させていただきました。MGをベースに更に実践事例も

あって即響くものだと感じました。まだ一度講義を受けただけですので分からない

ことだらけですが、しかし多くを学んだと思います。話だけではなくゲームをしながら

のシミュレーションは身をもってボトルネックのあり方?、重要性を感じました。

もっともっと勉強をして、もっともっと金儲けして、会社を通じて従業員さんをもっと

もっと幸せにし、地域のお役に立ちたいと思います。(Sさん)

■とっても良かったです。もっともっと聞きたいと思いました。自分の会社にあてはめて

みて、自分の反省について、いろいろ考えさせられました。またぜひ参加したいです!

(Oさん)

■社内、現場では毎週何日かは工程の流れが悪い箇所が出現し、その都度その箇所

だけ機械の台数を増やしたり、人員を入れ替えたりして、その場をしのいできました。

今回学んだTOC理論を社内で活用する事により事前に問題の起きそうな箇所を予測

し、準備して運営ができ増産につながっていくと感じています。明日からすぐに取り掛か

ります。ありがとうございました。

社内に広めていきたいと考えています。また受講します。(Tさん)

■非常に単純なゲームで会社が変化することが良く理解できた。会社の業務の洗い

出しをして、業務フロー図からMQの阻害要因の発見にチャレンジしたい。(Aさん)

トップページ | ★2014年度TOC公開セミナー(新潟)のご案内 »

Counter(1)

Company

無料ブログはココログ