« ★2014年度TOC公開セミナー(新潟)のご案内 | トップページ | ■MG研修の詳細 »

2006/02/28

■TOC研修の詳細

■TOC研修(Theory of Constraints:制約理論) のご案内

※TOC研修(雑誌に掲載された研修風景、具体的内容は、こちらからどうぞ)

http://spken.cocolog-nifty.com/genkou/2005/07/toc_a87a.html

 TOCは制約理論もしくは制約条件の理論と呼ばれ、2001年5月初めて日本で出版された「The・Goal」が大反響を呼んだことを覚えておられる方は多いと思います。

 この本の中で主人公のアレックスは倒産寸前の赤字工場を恩師ジョナの助言で見事に黒字復活させただけではなく、夫婦家族の関係まで良くしました。

 これは現在業績悪化にあえぐ日本企業には奇跡の出来事として映ったことでしょう。

 しかしこの物語は単なるサクセス・ストーリーではなく、背景にはTOC理論が潜んでおり、ほとんどの企業がこのTOC理論をシンプルに応用するだけで、在庫は激減し、利益は数倍になり、納期も何分の一かになるのです。

 その証拠として著者のゴールドラット博士は著書の中で、「このわずか16ドルの本を読んだだけでTOC理論を実践し成功した企業が多数現れた」と述べています。

 私も2002年初めからこのTOC理論を使って様々な企業で指導を行ってきました。その結果いくつもの成功企業が生まれました。

(詳しくはエッセイのブログをご覧下さい)

 私の指導方法は面倒なTOCの理論体系を説くのではありません。
 参加型のシミュレーション・ゲームを使い、楽しく学びながら身につける方法をとっています。

 しかもこのゲームにはMGの戦略MQ会計やMX会計をドッキングし、さらに原価計算も内臓させた本格的な決算システムになっているために税理士・公認会計士といったプロの方々も多数参加してTOCを学ぶようになりました。

 とくに製造業に携わる方々は、このゲームを体験するだけで自社の問題点を掴み、すぐ行動に移して成果を上げるパターンが多いようです。またサービス業や小売業、プロジェクト管理、営業管理などにもTOCは有効なノウハウとして成果を上げています。


■TOC研修(標準)プログラム

一日目 時間 二日目
9:00 ●講義「TOC/継続的改善の5段階」
●会場集合 9:30 DBR理論の解説/バッファの位置と量
DBR理論の解説/バッファの位置と量 10:00 ■TOCシミュレーションno.4
戦略MQ会計講義 ・利益感度分析 TOC決算表/MX会計表(MG経験者)
■TOCシミュレーションno.1 11:00 ●講義「TOC流ソリューション]
TOC決算表/MX会計表(MG経験者) 市場変動対応/Qアップ/リードタイム短縮
昼食(その場で) 12:00 昼食(その場で)
■TOCシミュレーションno.2 13:00 ■TOCシミュレーションno.5
TOC決算表/MX会計表 TOC決算表/MX会計表
●講義「TOC/DBR理論」 14:00 ●グループディスカッション
■TOCシミュレーションno.3 ■まとめの講義「TOC理論の実践と応用」
TOC決算表/MX会計表 15:00 ■TOC試験問題
●グループディスカッションと質問 16:00 回答/質疑応答
●実習「ボトルネックを探す」 17:00 ●感想文/終了
自社の業務フロー図を描く
夕食 18:00
続き/希望者はエクセルで清書も可
●業務フロー発表会 19:00
発表と講評
●講義「今日のまとめ
本日終了/交流会 20:00

●携行品

筆記用具(シャープペンシル、消しゴム)、電卓またはポケコン

ボールペン(赤)

※TOC研修の風景写真

http://spken.cocolog-nifty.com/photos/photo/index.html

« ★2014年度TOC公開セミナー(新潟)のご案内 | トップページ | ■MG研修の詳細 »

「TOC研修の内容」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95429/8873179

この記事へのトラックバック一覧です: ■TOC研修の詳細:

« ★2014年度TOC公開セミナー(新潟)のご案内 | トップページ | ■MG研修の詳細 »

Counter(1)

Company

無料ブログはココログ